2014年12月08日

ビリー・マイヤー

スイスに住む農夫ビリー・マイヤーは、4歳の時にUFOを目撃して以来、地球外知的生命体と交際していると主張しているUFOコンタクティの1人である。

ビリー・マイヤーが世界的に有名になったきっかけは数千枚に及ぶUFO写真やUFOビデオだが、殆どのUFO研究者はこれらを捏造と見ている。
マイヤーのUFO写真は現在までも論争のもととなっている。

特に、彼が撮影したというセミヤーゼ(プレアデス人女性)の写真はアメリカトークショウの女優である事が判明したのだ。

また、彼がタイムマシンで過去に行って撮影したという恐竜の写真も実は科学雑誌の写真である事が判明した。
これについて彼は、「メン・イン・ブラックが自分の写真を変えた」などと反論しているようだ。
posted by オカルト この世の不思議と謎 at 19:41 | 新説UFO 宇宙人